2017年の新年も美しい歌声で幕開けしたいと思います。

最年少12歳の川又 千世(Chiyo Kawamata)ちゃんが、聴衆前にソロデビューいたします。

千世ちゃんは、おかっぱ髪の似合う女の子。このお教室の初回オーディションで披露した曲は、なんと難曲「夜の女王のアリア」(魔笛:モーツアルト)でした。

芯がある艶やかな声です。これからも大切に磨いて、聴衆に喜ばれる親しみのあるレパートリーを広げていきたいと意欲的です。

新春・うぐいすの歌声コンサートでは、最年少の千世ちゃんを含め個性豊かな3人の美少女たちにより、鶯のような爽やかな歌声をお客様にお届けしたいと思います。

さらに、〜優雅なる歌の音楽会〜が続きます。門下生が日頃から温めてきた得意なレパートリーを、音楽会を心待ちにして下さっている皆様にお届けして参ります。

今後もより良い演奏活動を充実させていくために、一層の努力を重ねて参りたいと思います。

(以下のコンサート2件につきましては、一般非公開です)

  

Posted by Piacevole italia at 08:20
2016年12月17日(土)19時開演 アルスホール
(つくば市立図書館内)に於いて〜Il Concerto di Natale〜声楽門下生によるクリスマス特別コンサートを開催いたします。
ゲストに藤原歌劇団団員で五島文化財団オペラ新人賞受賞暦を持つ バリトンの党主税(とう ちから)さんをお招きします。
オペラ「ドン・ジョヴァンニ」の名曲、ドン・ジョヴァンニ(ゲスト)とツェルリーナ(門下生)の二重唱:さあ、お手をどうぞ!をお芝居付きで披露の他、優秀な若手フルート奏者 荻 美波(おぎ みなみ)さん(高校2年生)にもご共演頂き、ソプラノとピアノとの華やかなアンサンブルもお楽しみ頂くというバラエティーに富んだプログラムです。お席は先着順です。ご来場を心からお待ち申し上げております。
チケットのお申し込みは、info@piacevoleitalia.comにメールを頂くか、TEL090-5586-9368ピアチェーヴォレ イタリアまで
  

Posted by Piacevole italia at 16:55
QRコード
QRCODE
プロフィール
Piacevole italia
Piacevole italia
指導者 Montoro Noriko:モントロ典子(ソプラノ)

プロフィール

東京芸術大学声楽科卒業。同大学院オペラ科修了。学部卒業時、アカンサス音楽賞受賞。第42期二期会オペラ研修所マスタークラス、優秀賞にて修了。

2003年度、文化庁新進芸術家国内研修員として“舞台表現”について研究。2004年より、ロータリー財団奨学生として渡伊。ミラノ音楽院及びミラノ市立音楽学校に
学ぶ。

2005年より、ヴェネツィアを中心にヴォルフ=フェラーリ室内楽団の歌手として、ヴェネツィア・フェニーチェ劇場、カ・フォスカリ サンタ・マルゲリータ劇場をはじめ、ヴェネツィア最大の国際芸術祭第38回ビエンナーレ・ヴェネツィアへ出演。
またOpera in concerto室内楽団とはヴェローナやバルドリーナなど、北イタリアを中心に演奏会に出演。
テノール歌手マックス・ルネ・コゾッティとは多数共演した。

オペラでは「椿姫」ヴィオレッタ、「ボエーム」ムゼッタ、「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・エルヴィラ、ドンナ・アンナ、「ジャンニ・スキッキ」ラウレッタ、「フィガロの結婚」伯爵夫人「こうもり」ロザリンで役等で出演した。

宗教曲では「メサイア」(ヘンデル)「スタバートマーテル」(ロッシーニ)(ペルゴレージ)のソリストをつとめた他、フランスのリュリなどの古楽演奏会にも出演。

 Pantakin Venezia主催のスペッターコロ、演出家マルチェッロ・キアレンツァと作曲家チャールド・カペッリによる「Notte Bianca」ローマ公演、「Tesoro」スペイン・マドリッド公演、サルデーニャ島カリアリ公演、「Creatore」ペスカーラ公演に、キューバやアフリカのアクロバットチームや俳優たちと一緒にヴォーカルと演技で共演し好評を得た。

日本では、新日本フィルハーモニー交響楽団(指揮 小松長生)との共演はじめ、二期会新進声楽家の夕べや東京文化会館新進音楽家コンサートなど数多くのコンサートに出演。

声楽を高 丈二、マルチェッラ・レアーレ、ルチアーノ・ベレンゴ、マウリツィオ・カルネッリ、マウリツィオ・クロヴェッティの諸氏に、又、アルテ・シェニカをマルチェッラ・レアーレ、演技指導を演出家 篠崎 光正の諸氏に師事。

日本声楽家協会アカデミー会員。元二期会会員。